読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懐かしの祖母宅

ついに、5年近く住んだ我が家を離れる。

荷物を出した部屋、ドアについた傷などを見ると、色んなことを思い出す。その数秒後には、敷金だけでクリーニングがまかなえるのだろうか、という心配に襲われる。
洗面台が水漏れしているのに気づかず使っていたため、変色してしまった床を見るたびに胸が締め付けられた。「相棒」に出ていた「寺脇康文」似の、めっちゃ目つきの悪い点検員がチェックする時は胸が張り裂けそうだった。寺脇似が口を開く時はドキドキしながら、どうか怒られませんように、なんて思っていた。
洗面台は相当ひどい様子らしい。
敷金越えは覚悟しておく。

引き払いが終わると、最後の食事をアルバイト先で。オーナーには最後までお世話になった。両親も「うまいうまい」とぱくぱく食べた。

そして、今日は祖母宅にて鹿児島での最後の夜を過ごす。
祖母から採用試験落ちたことを結構な遠回りで責められる。期待してくれていたことがわかるだけに、地味に傷つく。
祖母や両親は、地元で教師を目指して欲しいと思っていることはよくわかるが、正直今は中国で頑張ることしか頭にないく、心が痛む。

それでも、親戚たちが応援してくれているのはすごく嬉しい。
応援してくれる人のためにも、生きて帰ろう。


鹿児島からほとんど出たことがない親戚の中で唯一、出張で何度か中国へ言ったことのある叔父。
彼からいただいたアドバイス

「向こうの夜のお姉ちゃんにだけは気をつけろ」

また一つ。
賢くなった。

一番星みっけ!

写真は祖母宅から犬の散歩中に撮ったもの
f:id:over-run:20131222225343j:plain